オリンパス OM-D E-M1MarkⅡ水中写真撮影用モード設定|(水中モード設定)サンプル1

E-M1MarkⅡ水中モード設定基本設定例

以下の紹介している各操作ボタン、ダイヤル、レバーの割り当て設定は当店がセミナーの際に説明に使ってい設定サンプルです。
お使いになる方の使用頻度の多い項目を使いやすい各操作ボタン、ダイヤル、レバーに設定を行ってください。

メニュー表示した際に「カスタムメニュー」表示させる。(E-M1 PT-EP11の必要な作業)

メニューボタンを押す⇒「セットアップメニュー」⇒メニュー表示⇒⚙⚙メニュー表示⇒「On」⇒OKボタン(決定)押す

注意・E-M1MarkⅡでは最初から設定されている

このサンプル画像はE-M1です。以下のサンプル操作画像はE-M1MarkⅡです。

コントロールパネルの表示をLVスーパーコンパネにする

MENU⇒⚙カスタムメニュー⇒D1 Control表示⇒P/A/S/M⇒LVスーパーコンパネに☑を入れる

撮影中のOKボタンを押しことで現在の状態を把握でき操作も可能になる。そのままINFOボタンを押すとRCフラッシュコントロールの画面が出てくる。

ボタン/ダイヤル/レバーに機能を割り振る

各ボタン/ダイヤル/レバーに色々な操作機能を割り振ることが可能です。
紹介する割り当てはあくまでもサンプルです。
ご自身が使いやすい様に割り振りを変更してください。

Fn1ボタンにAF選択ボタンに割り振る。(コントロールダイヤルでターゲットを選べる)

MENU⇒⚙カスタムメニュー⇒Bボタン/ダイヤル/レバー⇒ボタン機能⇒Fn1ボタン機能⇒AF選択⇒OKボタン(決定)押す(解除する時はFn1ボタンを長押し)

液晶面やファインダーのフォーカスポイントを移動させることができる

Fn2ボタンにデジタルテレコンを割り振る

MENU⇒⚙カスタムメニュー⇒Bボタン/ダイヤル/レバー⇒ボタン機能⇒Fn2ボタン機能⇒🔍デジタルテレコン⇒OKボタン(決定)押す(解除する時はFn2ボタンを押す)

画像を2倍に拡大できる機能

ダイヤル2個の操作の割り振り

(レバー1の時)露出補正とフラッシュ補正
(レバー2の時)露出補正とPs(プログラムシフト)

MENU⇒⚙カスタムメニュー⇒Bボタン/ダイヤル/レバー⇒ダイヤル機能⇒P⇒(INFOボタンを押すことでレバー1とレバー2が切り替わる)

AEL/AFLレバー1露出補正とフラッシュ補正、AEL/AFLレバー2露出補正とPs(E-M1はレバー切り替え不可)

Ps(プログラムシフト)について、お勧め作業 予め、カスタムモード C1 ~ C3 に登録しておくと便利です。

オリンパス フラッシュUFL-2、UFL-3はカメラ側からフラッシュの光量補正が出来るので割り振る。(RCフラッシュの設定が必要となる。)

カスタムモード C1 ~ C3を登録

MENU ボタン⇒撮影メニュー1⇒リセット/カスタム設定⇒OKボタン⇒カスタム登録⇒カスタムモード C1 / C2 / C3から選んで⇒登録⇒OKボタン

すでにカスタムモードに設定を登録ある場合は上書き登録します。

RCフラッシュの設定

MENU⇒撮影メニュー2⇒RCモード撮影⇒ON⇒OKボタン(決定)押す

カメラ側からフラッシュ制御

LVスーパーコンパネをOKで出してINFOボタンを押すとカメラ側フラッシュ制御画面がでる。INFOボタンを押すとLVスーパーコンパネに戻る

AEL/AFLボタンにISO感度を割り振る。

MENU⇒⚙カスタムメニュー⇒Bボタン/ダイヤル/レバー⇒ボタン機能⇒AEL/AFLボタン⇒ISO/WB⇒OKボタン

▼ボタンに水中モードを割り振る

MENU⇒⚙カスタムメニュー⇒Bボタン/ダイヤル/レバー⇒ボタン機能⇒ボタン機能⇒🐟マーク⇒OKボタン(決定)押す(解除する時はボタンを長押し)

水中モードのワイドとマクロが設定されている。▼を押す、魚1匹がマクロモード、魚3匹がワイドモード、長押しすると解除されます。

ボタンには⚡フラッシュを割り振った

初期設定のまま。

MENU⇒⚙カスタムメニュー⇒Bボタン/ダイヤル/レバー⇒ボタン機能⇒▶ボタン機能⇒⚡フラッシュ⇒OKボタン(決定)押す

内蔵EVFの設定

MENU⇒⚙カスタムメニュー⇒I EVF(J 内蔵EVF)⇒EVF自動切換設定⇒OFF

注意・初期設定では、内蔵EVFの自動切り替えがONになっている。プロテクターにセットするとセンサーが反応してしまい、液晶画面で撮影できない。プロテクターに入れて撮影する場合は、内蔵EVF自動切り替えをOFFする。

省エネの設定 1

MENU⇒⚙カスタムメニュー⇒J2 その他(D表示/音/接続)⇒バックライト⇒8秒

省エネの設定 2

MENU⇒⚙カスタムメニュー⇒J2 その他(D表示/音/接続)⇒スリープ時間⇒1分

ガイド線表示

MENU⇒⚙カスタムメニュー⇒D3 表示/音/接続(D表示/音/接続)⇒ガイド線表示設定⇒表示罫線選択⇒方眼

各種 補正機能について(目次)

各種 補正機能について

露出補正について/明るさ調整

水中ワイドモード設定時、主に使います。水中ワイド撮影時に背景(海水)ブルーの濃淡の調整に使います。マイナス側に振っていけばドンドン色が濃くなっています。

フラッシュ補正について/明るさ調整

水中モード設定時、使います。被写体の明るさの調整に使います。

ISO補正について/シャッタースピード 絞り調整

水中モード撮影時に自然光撮影などで光量の少ない環境時にシャッター速度を上げて撮影したい場合などにISO感度を調整します。(被写体が動いて被写体ブレをさせない為)

ホワイトバランス補正について

水中モード設定時、その日の海洋状況で少し色が出にくい時、調整に使います。

プログラムシフト(Ps)

Pモードでは、適正露出を維持したまま、絞り値とシャッター速度の組み合わせを変更できます。

予告なく記載内容を変更いたします。