防水プロテクターのメンテナンス

操作ボタンケース内がカピカピなった

コンパクトデジタルカメラ用防水プロテクター、長期間使用していたら、操作ボタンの動作が少し悪い、チェックすると操作ボタンケース内が塩でカピカピなっている。

このまま放置しているとボタンシャフトの錆の発生やOリングの劣化スピードが速くなる。

メンテナンス、操作ポタンケース内洗浄もしくは、メーカーでオーバーホール実施

操作ボタンケース内を洗浄

操作ボタンを分解しない状態で洗浄、この後、グリスアップをして完了。動作がスムーズになった

塩や小さな砂などでケース内に傷など発生しているが使用には問題ない。

もっと完全に清掃したい場合は、メーカーでオーバーホール。

完了後、耐圧試験、異常なし。

大事な水中カメラ機材は使用後は十分に塩抜きをしてください。少し油断すると塩が~!

マリンクエスト ダイビングショップ

〒660-0052 兵庫県尼崎市七松町2-2-8
☎ 06-6423-0094
📧 mquest@isis.ocn.ne.jp