Bism Dive DEMO 4GSアップデート

DIVE DEMOソリス DD3401シリーズアップデート

今回、当店で使用しているBism DIVE DEMOソリス DD3401シリーズをアップデートして中身を最新モデルの4GSタイプにバージョンアップしました。

Bism DIVE DEMOのケースはチタン製なので丈夫で強いのケースは再利用して液晶パネルや基盤などすべて新しくなって帰ってきました。

一番最初に気に入ったのが時計の文字が大きくなって見やすい!シニア族には、良いですね!

SOLIS 4GS DIVE LOG

Bluetoothでログデータを転送できる専用スマートフォンアプリに対応。新しい機能でログデーター転送機能も良いですね。

ログ付けがログブックに書かなくても大丈夫なった!1日に連続ダイブするダイバーには良いでしょうね。

今回の4GSアップデート費用は37,500円(税別)

今回の4GSアップデートの内容は心臓部の交換の他にパッキンを全数交換している。これでOリングからの水没もしばらくは心配しなくても大丈夫!

ソーラータイプになって電池交換が無くなって定期的な検査がなっているのでOリングの劣化による水没が心配。

2014年にソーラータイプDD3400 DD3401が発売されているので6年が過ぎようとしています。そろそろOリングが劣化して水没するリスクが高くなっています。

Oリングの交換作業に出すのと一緒に4GSアップデートはいかがでしょうか?

おすすめの記事